おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

仕事を辞めてから転職をするのはあり?メリットとデメリット

辞めて転職
「会社を辞めたいけど転職活動する時間がないしなぁ」

仕事を辞めたくなったときに誰もが直面する問題です。現職が内勤の技術職や仕事が忙しくて面接の時間が取れない人は悩みますよね。

私も現職を続けながら転職活動をしたときは、昼休みに求人を探したり、有休をとって面接に行ったりしながら時間を調整しました。

しかし、辞めてから転職活動をした方が気を使わなくていいし、資格も取得できるかもしれない。でも 「もし転職先が見つからなかったら。。。」と不安な気持ちとの葛藤です。

このページでは、仕事を辞めてから転職活動をするのかいいかどうかをメリットとデメリットを交えて紹介します。どちらが正しいかは一概にはいえませんので、状況や目指したいキャリアに当てはめて考えてみてください。

20代、30代、40代の転職いずれにも当てはまる基本的なことになります。

仕事を辞めて転職活動するメリット

転職活動に本気で集中できる

会社を辞めると時間によとりができることは間違いありません。そのため、本気で転職活動に取り組めます。何十社も一度に受けることも可能になるでしょう。

転職には、履歴書・職務経歴書の提出、一次面接、二次面接とやることが多いです。そのため、在職中だとどうしても数社に絞らなければ、時間がとれません。

じっくりとキャリアと向き合ったり、資格を取得したり「挑戦」したいのであれば辞めることも選択肢の一つです。

すぐにでも入社できると高評価

企業によっては「人材不足ですぐにでも入社してほしい!」という急募の求人があります。

在職中であれば、退職届が受理されてから引き継ぎなどの後片付けが必要になります。そのため、内定をもらってから入社するまで1ヶ月以上かかることもあります。

それでは遅すぎるという企業もあるので、すぐに入社できるフットワークがあれば、よい求人に巡り合えるかもしれません。

それに、企業の採用担当者や役員は忙しいです。こちらも在職中であれば、有休を取得するか夜に面接をしてもらうか。面接時間を合わせるのは苦労するんですよね。

そのため、企業から指定された面接時間に合わせられるので、内定までの流れがスムーズに進みます。

仕事を辞めて転職活動するデメリット

生活資金が心配

最大の問題は「お金」です。貯金がたくさんあれば問題はないかもしれません。

しかし、家賃(住宅ローン)、食費、水道光熱費、水道光熱費、携帯電話代、車の維持費と固定費だけ考えても月々10万円以上はかかります。

家族がいればなおさらです。子どもの保育園代や教育費もかかりますよね。失業保険がもらえたとしても最大で約5ヶ月分です。

すぐに転職が決まるかどうかわからない状態で辞めるのは危険ともいえます。どうしてもやりたいことや目標がない限りは、あまりおすすめではないですね。

私は、会社を辞めて転職せずに個人事業主になりました。しかし、「収入がなくなったらどうしよう」とお金の不安はいつも頭の片隅にあります。

勢いで会社を辞めるのは、生活の面でリスクを伴うことを覚えておきましょう。

転職先を妥協してしまう

転職活動がうまく行かずに長引いた場合、どうしても焦りが出てきます。

「とりあえず食べていけるだけのお金が必要。。。」

そう思い始めると、本来の条件に合わなくても妥協して仕事を決めてしまうことがあります。

長い目でみると「本当にこれでよかったのかな」とモヤモヤしながら仕事を続けることにもなりかねません。そうなると、仕事を辞めた意味がなくなりますよね。同じことの繰り返しになるかも。

せめて、在職中に業界のことを勉強したり、転職エージェントで面接対策をしたり、できることには手をつけておいた方がいいです。そうすることで、仕事を辞めた後もすぐに転職活動に入れます。

また、選り好みするのではなく、数社に履歴書を送るなど同時進行で進めておきましょう。書類選考で落とされることは普通です。数はうっておいた方がいいです。

仮に数社に受かったとしても、内定を辞退することはルール違反ではないので。

離職期間が長くなると印象が悪くなる

離職期間が半年、1年と長引くと、会社によってはいい印象をもたれないことがあります。

「本当に働く気があるの?」いくらやる気があってもそう思われてしまっては、デメリットでしかありません。

せっかくの実績も評価されなければ、武器を失ってしまうことになりますよね。

それに、あなた自身が現場から離れすぎると感覚を戻すのに時間がかかるかも。転職エージェントに相談するなどして、できるだけスピーディーに動けるようにしましょう。

もしも、期間が長引いてしまったときは、勉強をしてスキルを磨いたり、資格取得に向けて動いたり何かしらの活動をしていたことを言えるようにしておくのがベストです。

まとめ:仕事を辞めてから転職する方がリスクが高い

メリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

▽メリット
転職活動に本気で集中できる
すぐにでも入社できると高評価
▽デメリット
生活資金が心配
転職先を妥協する
離職期間が長くなると印象が悪くなる

「どうしてもやりたい仕事がある!」という意気込みがない限りは、デメリットの方を心配する人の方が多いのではないでしょうか。

在職中でも転職サイトで求人を探したり、転職エージェントに相談したりできることはたくさんあります。

職が見つからないと本当に不安になるので、勢いで辞めることは避け、少しづつでも転職活動を進めておくのが生活面でも仕事面でもよい結果につながるといえます。

リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。30万人以上の転職成功実績10万件越えの求人数があり、質、量ともに圧倒的。しかも全求人の90%が非公開求人です。上場企業、有名企業への転職を目指すならチェックしておきたいところ。「管理職や年収をアップさせたい」30代、「キャリアアップを目指したい」20代でも広い間口の中で求人を探せます。また、全国に17か所の拠点がありUターンやIターン転職、地方での転職にも有利です。

求人数 公開求人:約19,000件以上
非公開求人:約110,000件以上
エリア 全国
利用料 無料
登録者数 約34万人
運営会社 株式会社リクルートキャリア

 - 転職活動