おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

Uターン転職で友達が次々と故郷に帰った理由

Uターン 理由
このページでは、実際に私の友達がUターン転職を決めた事例などを交えながら「Uターン転職の理由」について掘り下げていきます。

おそらく、このページを見ている人は、チラチラとUターン転職が頭の中を巡ってはいるものの、「失敗しないだろうか」「ほんとうにUターン転職は正しい決断だろうか」と不安と期待の葛藤があるのではないでしょうか。

きっかけを掴むためにも、これらの事例が参考になれば幸いです。

▽Uターン転職を考えている方へ
転職エージェントを利用すれば、転職の疑問質問にも答えてくれます。ただし、転職エージェントは営利企業です。転職をさせることで、企業から報酬を受け取っています。そのため、無理な条件でも転職をすすめてきます。
 
Uターン転職を考えているなら、全国に支店を展開し、親身になって相談にのってくれる転職エージェントを利用することが大切です(パソナキャリアリクルートエージェントなど)

都会にいる意味を感じなくなりUターン


私が大学のサークルで出会った安村君(仮名)は、たまたま地元が同じで意気投合。とにかく明るいやつで「なんかおもろいことしようや!」が口癖でした。

大学卒業後は、不動産関連の会社に就職し、そこそこの成績をおさめていたらしく、たまにあったときは、快くおごってもらってました。

とはいえ、お互い仕事が忙しくなり、会う機会が減っていったのですが、地元の知人の結婚式で再会。近況報告をしていると、不動産の会社に疲れて、アミューズメント施設に転職していたことが分かりました。

そこでの仕事にはやりがいを感じていたようですが、会社の経営が厳しく、「いつ、つぶれるか分からない。でも、盛り返す兆しもあるから、なんとか頑張ってる」という不安定な状態。その表情から、人生の岐路に立たされているような感じを受けました。

その後、安村君と話していると「大阪にいる意味ないよな」という発言を連発。

でも、この気持ちはよく分かりました。

田舎には何もない。若い時にはそれを強く感じていて、都会に憧れて地元を離れます。それなりに楽しい大学生活を送り、たまたま内定をもらった中小企業に就職。サラリーマンを続けていくわけです。

すると、ミュージシャンになりたいとか、ビシッとスーツを着こなし、バリバリ働くビジネスマンになりたいとか、夢や憧れをいつしか忘れ、社会の渦に飲み込まれます。

安定はしている。しかし、それ以上でもそれ以下でもないんです。「俺、何やってるんだろう」って。

すると、地元が恋しくなってくるんですよね。自立して親や地元の友達にいい格好をしたいなんて幻想は消え失せ、生まれ育った土地で昔みたいに暮らしたい。都会にいる意味を感じなくなるのです。

安村君は、結婚式で地元のみんなが楽しそうにしているところを見て、何かを感じたようで、翌日、「俺、年内で仕事を辞めて、実家に帰るわ」と言いました。

私はかなり寂しく、切ない気持ちになりましたが、安村君はやりきった表情で晴れやかな顔をしていました。

年齢は33歳。一般的には、35歳が転職のラストチャンスといわれ、キャリアや技術がないと転職の条件は厳しくなります。今しかない。

半年後、安村君は知人の紹介で、地元の不動産関連の職を見つけ、Uターン転職しました。

安村君のケースは、人ごとではないと思います。平凡にサラリーマンをやるなら、都会も地元も同じですからね。それなら、親の近くにいたほうが将来の介護や子育てを考えると安心だし、保育園の頃から付き合いがある地元の友達は特別な絆があります。

それに結婚もせず、一人暮らしなら、ホームシックにかかることもあります。

とはいえ、Uターンの理由をポジティブに考えると、都会で身につけたスキルや経験を活かして、地元の発展に貢献できるかもしれません。それは仕事でなくても、地元のお祭りでもそうでしょう。

Uターン転職は、現状がつらいから逃げ出したいというよりかは、将来を見据えて考えることが、成功への鍵ではないでしょうか。

離婚をきっかけにUターン


大学のときに知り合った野間土君(仮名)も地方から出てきて一人暮らしをしていました。寂しがりやのせいか、早々に彼女を作り4年間の同棲の末、結婚しました。

恋愛だけではなく、人付き合いがうまくて、誰からもかわいがられるようなタイプ。友達も多くて、大阪での暮らしを満喫していました。バイト先でも社員に気に入られて、そのまま就職。出世街道にのり、東京へと転勤になりました。

この時も、寂しく思いましたが、地方から出てきて頑張っている野間土君を応援したい気持ちでいっぱいでした。

しかし、この転勤がUターンの引き金を引くことになります。

すでに結婚していたのですが、奥さんが大阪を離れるのが嫌だったようで、単身赴任をしていました。人付き合いが上手い野間土君はこう見えて恋愛には一途なタイプ。どれだけ合コンに誘われても頑に拒否していたし、浮気などする人間ではありませんでした。

ところが、奥さんがやってしまいました。大学の頃から同棲を続けていたせいか、一人暮らしになったとたんに寂しくなり、浮気してしまったのです。

野間土君は、かなりショックだったようで、わずか2年の結婚生活の末、離婚しました。

その数ヶ月後、一本の電話が鳴りました。

「地元で彼女ができたから、その子と再婚する。俺、実家に帰るわ」(一途ですが驚くほど手が早いです)

仕事は、再婚相手の実家が商売をやっているらしく、その会社にUターン転職しました。

Uターン後は「将来は社長になるつもり」「家を建ててる」「田舎は東京と違って渋滞がないし快適」など、前向きな発言が多く、順調さが伺えました。

離婚というつらい過去を乗り越えて、Uターンに成功した例ですね。正直、嫉妬しました笑。

このように環境の変化をきっかけに、Uターン転職をする例もあります。これは、両親の介護や実家やお墓を受け継ぐため、子育てに疲れたといった理由も同様でしょう。

両親や実家の都合に関しては、何かしらの対策はしなければなりません。先日、介護のために、何度も帰省を繰り返す人達の特集がテレビで流れていました。体力や時間の問題もありますが、最も大きな問題はお金です。

交通費だけでも、往復で数万円かかることは珍しくはありません。夫婦で帰ると2人分です。格安航空券で帰るなどして節約していました。

私も実家に帰るときは、新幹線が高いので、高速バスを使ったり、車に家族を乗せて帰ることで節約しています。

こんなに苦労するのであれば、いっそUターンした方が、楽だろうと思うのも無理はありません。

育児ノイローゼや鬱病などの自分の体の都合であれば、住み慣れた実家で療養するのは賢明かもしれません。体を壊しては元も子もないですし、元気になればいくらでも再挑戦することもできます。

年齢を重ねると仕事や子どもの都合で、現状を離れられない都合も出てくるかもしれませんが、若いうちなら人生計画を立てやすいので、転職先の幅も広がるでしょう。

Uターン転職の求人の探し方


大学で出会った友達のほとんどが、実家のある故郷に帰りました。

皆、大学卒業後はそのまま就職したのですが、「夢」「離婚」「仕事のやりがい」などの理由で、故郷の会社に転職し、Uターンの道を選んだのです。

そして先日、特に仲のよかった友達から「俺、年内で仕事を辞めて、実家に帰るわ」と言われたときは、切ないものがありました。

私も大学進学を機に、地方から大阪に出てきた人間です。そして就職し、結婚し、子どもが産まれ、家を買いそのまま暮らし続けています。

そんな私でも時々、「実家に帰った方がいいのだろうか」と思うことがあります。やはり年を重ねると、両親のことが心配になってくるし、子育ても不安になります。実家で暮らす方が、どんなに楽だろうと思うことがあるのは本音です。

Uターン転職というと、夢や楽しみを求めて都会に飛び出したものの、夢破れて帰っていくというネガティブな印象は少なからずあるでしょう。

しかし、現実は切実で、Uターンするにはいろいろな理由があります。

どんな理由であろうと、生活して行くためには、仕事を見つけなければなりません。転職求人を探すには、いくつかの方法があります。

詳しくはこちら:転職の仕事の探し方|8つの窓口を活用しよう!

上の2つの例では、人脈を使ったため、転職活動における苦労はしていません。あなたも、地元の友人や恩師に当たってみるのは有効です。

しかし、地方都市ならともかく、都会に比べて横のつながりが浅いので(そもそも会社の数が少ない)、大きな期待はできません。

そのため、転職求人サイトや転職エージェントを活用するのは必須です。

といっても、転職エージェントだけで、1万社以上あると言われているので、やみくもに登録すると失敗することになります。

詳しくはこちら:転職エージェントとは?転職を有利にするために知っておきたいこと

地方には地方に強い転職サイトを使いましょう。最近では、移住や地域貢献など、地方での働き方が見直されています。地方自治体もあの手この手で人口を増やそうと必死ですし、大企業が社屋を構えるケースも少なくありません。

このように、探せば求人はいくらでもありますので、ライバルの少ない地方の方が好きな仕事を見つけられるかもしれません。それに職種によっては、パソコン1台で仕事ができますし、フリーランスを目指すのもいいでしょう。

詳しくはこちら:Uターン転職の100%成功ガイド!絶対に後悔しないために知っておきたいポイント

Uターン転職におすすめの転職サイト

以下では、Uターン転職に強い、おすすめの転職サイトを紹介します。登録、利用共に無料のサイトばかりですので、情報収集するために登録している人も多いです。

まずは、どんな求人があるのかを知るために、情報収集からはじめてみましょう。転職エージェントであれば、豊富な転職成功ノウハウをキャリアコンサルタントから聞くことができるので、心強い味方になってくれますよ。

転職エージェント

キャリアコンサルタントの転職サポートがつきます。年収交渉や面接対策など転職に関わる相談したい方はこちら。

1位:リクルートエージェント

キャリア転職や年収アップを目指したいなら

日本最大の転職エージェント。30万人以上の転職成功実績、10万件越えの求人数があり、質、量ともに圧倒的。「管理職や年収をアップさせたい」な30代、「キャリアアップを目指したい」20代でも広い間口の中で求人を探せます。また、全国に17か所の拠点があり地方の企業でもしっかりとした情報を持っています。UターンやIターン転職をするのに最適な環境が整っています。

求人数 公開求人:約19,000件以上
非公開求人:約110,000件以上
エリア 全国
利用料 無料
登録者数 約34万人
運営会社 株式会社リクルートキャリア

転職求人サイト

キャリアコンサルタントの転職サポートがつきません。そのため、自分で好きな求人に応募できます。

1位:リクナビNEXT

転職先が見つかるか不安な30代~40代におすすめ

日本最大級の転職求人サイト。転職を成功者の約8割が利用している実績があります。求人数は常時5,000件以上。しかも、その85%は他社にない求人です。求人は全国を網羅し、あらゆる職種を取り扱っています。「転職先が見つかるか不安」な30代~40代でも応募できるチャンスが多く、UターンやIターン転職でも威力を発揮します。

求人数 常時5,000件以上
登録者数 5,730,000人
エリア 全国
利用料 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア

他にも「Uターン・Iターンに強い転職サイトランキング」にランキング形式でまとめました。参考にしていただけましたら幸いです。

Uターン転職の体験談

実際のUターン転職を経験した人から体験談を集めました。様々な理由がありつつも転職して成功をおさめています。
子育てをきっかけにUターン転職!慌ただしい都会を離れのびのびと過ごせる地元へ
パワハラにもう限界!Uターン転職で両親にすすめられた農業へ
20代の若さを武器に!ブラック企業からのUターン転職でやりがいのある塾講師へ

こんな記事もオススメです!

 - 転職活動