おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

Webプロデューサーに強い転職エージェントランキング

Webプロデューサーに強い転職エージェント
Webプロデューサーの仕事は、Web制作プロジェクトにおけるすべての業務を統括することです。クライアントや社内からの要件に対して、企画、予算、スケジュール、人員などを決定し、ゴールまで責任を持って進行する立場にあります。

よく「Webディレクターと何が違うの?」と言われることもありますが厳密な定義はなく、仕事内容もほとんど同じである場合もあります。これは、チームの方針やプロジェクトにおいて異なっています。

一般的には、Webディレクターよりもさらに上の立場にあり、全体的な指揮をとるポジションにあります。Webディレクターは、現場監督のようなイメージで、Webプロデューサーは総指揮官といったところです。現場監督は、具体的な作業の指示はするけど、予算についてはあまり考えなかったりしますよね。

私も制作会社でWebデザイナーとして働いていますが、特にWebプロデューサーという肩書きを持った人はいなくて、しいて言えば重要な判断をする役職者が該当します。

Webプロデューサーは、全体を見渡せるような幅広いスキルが必要になります。もしも、Web業界が未経験であるならば、プロジェクトリーダーやマネージャー、店長といった経験があれば、アピールポイントになるでしょう。

とはいえ、「今持っているスキルがWeb業界でいかせるかどうか」という不安や自分では気づけない適正能力があるかもしれません。

そんな人は、転職エージェントを利用しましょう。専門のコンサルタントから、転職に関する様々なアドバイスをもらうことができます。年収や勤務地といった条件に沿った求人の紹介や面接対策、職務経歴書の添削などのサポートは、転職がはじめての人にとっても役立ちます。

このページでは、求人数、登録者数、実績、知名度、専門性、サービス内容といった要素を総合的に判断し、Webプロデューサーに強い転職エージェントをまとめました。

登録も利用も無料ですので、まずは情報収集からはじめてみましょう。

転職エージェント

【1位】ギークリー

IT・Web・ソーシャルゲーム業界への転職に強い転職エージェント。業界未経験から年収700万円以上のキャリア転職まで幅広い層をカバーしています。2,000件以上の非公開求人が集まっており、あなたのスキルに応じてマッチングしてくれます。WebプロデューサーやWebディレクターといった管理部門の求人も豊富で、知名度抜群の上場企業や非公開求人は必見ですよ。

求人数 非公開求人数2000以上
エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
利用料 無料
運営会社 株式会社GEEKLY

【2位】レバテックキャリア

IT・Web業界に特化した転職専門サービス。質の高いキャリアコンサルタントと転職先で活躍するエンジニアのネットワークが強み。顧客の目的を叶えるための徹底したサービスで、業界内でも評判がよく、快進撃を続けています。職種だけでなく言語別にも求人を探せるため、得意分野で攻めていくことが可能。自社メディア運営やWeb開発案件のプロデューサー求人は、ベンチャーから上場企業まで多数。

求人数 4,000件以上 うち80%が非公開求人
エリア 関東・大阪中心
利用料 無料
運営会社 レバレジーズ株式会社

【3位】ワークポート

ワークポートは、IT・インターネット業界専門の人材紹介会社。12年間で1万人もの転職支援実績があります。業界に詳しい専門のコンサルタントは、その知識に加えスピード感があると評判。無料セミナーや転職に役立つ管理ツールも充実しています。ECサイトやクリエイティブプロデューサー、大手企業のWeb案件など、Webプロデューサーとしての仕事の種類が豊富です。

求人数 約15,000件
転職支援実績 10,000件
エリア 全国
利用料 無料
運営会社 株式会社ワークポート

関連記事

Webディレクターに強い転職エージェントランキング

現役が教えます!未経験でもWebデザイナーになる方法

 - 転職エージェント おすすめランキング