おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

Webデザイナーになるためのスキルが学べるオンラインスクール5選

Webデザイナースクール
Webデザイナーとして活躍するには、デザインの基本やソフトの使い方、HTML/CSSコーディングといったスキルが必要です。

制作会社に入って実践で覚える方法もありますが「現在は別の仕事をしていて時間がとれない」「フリーランスのWebデザイナーになりたい」「未経験だけどWebデザイナーに転職したい」といった悩みもあるでしょう。

そんな人は、オンラインで学べるWebデザイナーのスクールがおすすめです。インターネット環境さえあれば、自宅でも勉強できますよ。近くにスクールや専門学校がないという場合も便利です。

今回は、現役Webデザイナーの私が「このスクールは実践で役立つ技術の勉強になる」と思えるオンラインスクールを紹介します。有名で信頼できるスクールを5つに厳選しましたので、参考にしてみてください。

Webデザイナーになるためのオンラインスクール5選

TechAcademy(テックアカデミー)

おすすめのコースの種類 Webデザインコース
UI/UXデザインコース
Webデザイン + WordPressセット
HTML/CSSトレーニング
Bootstrapトレーニング
Photoshopトレーニング
授業料 Webデザインコース:4週間プラン(社会人)119,000円など
期間 2週間〜12週間(コースにより異なる)

キラメックス株式会社が運営するオンラインスクール。Web全般のノウハウを解説したブログ記事をよく見かけます。

Webデザインコースでは、レイアウト・配色・タイポグラフィ・ワイヤーフレームといったWebデザインに必要な知識とHTML/CSS・JavaScriptライブラリといったコーディングの基礎を学べます。ソフトの使い方だけではなく、デザインの本質を基礎から学べるのは素晴らしいです。

実際にオリジナルサイトの公開するところまでサポートしてくれるので、一連の流れが理解できます。毎日15〜23時のチャットサポートと週2回のマンツーマンメンタリングで、直接質問できるので、未経験にもおすすめです。

CodeCamp(コードキャンプ)

おすすめのコースの種類 Webデザインコース
マスター&デザインパックコース
WebデザインLiteコース
Photoshopコース
Illustratorコース
JavaScriptコース
HTML5/CSS3コース
授業料 Webデザインコース:198,000円など
期間 2ヶ月〜6ヶ月

プロの講師からマンツーマンレッスンを受けられるオンラインスクール。コードキャンプ株式会社が運営。Code部というプログラミング初心者向けのブログが人気です。

Webデザインコースでは、Adobe PhotoshopおよびIllustratorの使い方、HTML5/CSS3でのコーディングスキルなどが身に付きます。最終課題制作では、実際にサイト制作を行います。

プログラミング向けのスクールのため、どちらかといえば、ソフトの使い方やコーディングなど技術よりです。DTPや他のデザイン経験者がWebデザインを学びたいという場合におすすめ。

CodeCampの授業は、1回40分で7時〜23時40分まで受け放題(土日も可)なので、忙しい学生や社会人も利用しやすいです。

WebCamp

おすすめのコースの種類 ママコース
Webデザイナーコース
授業料 ママコース:99,800円など
期間 1ヶ月

株式会社インフラトップが手がけるWebスクール。ママコースは、主婦・ママ限定のWebデザインコース。育児の合間にも学習や仕事ができるように工夫されています。教室と自宅でのオンラインの両方で受講可能。

1ヶ月の短期集中で、オリジナルのWebサイトを制作をします。他にも、ベビーシッターサポート、お仕事サポートなど主婦にうれしい制度が充実しています。仕事復帰を目指したい、フリーでおこずかいを稼ぎたいという人におすすめ。スキルがあれば、在宅でもWebの仕事はできます。

ヒューマンアカデミー

おすすめのコースの種類 グラフィック基礎コース
Webデザイン基礎コース
Webデザイン実践コース【教育訓練給付対象講座】
Webコーディング基礎コース
授業料 Webデザイン実践コース:288,000円など
期間 2ヶ月〜8ヶ月(コースにより異なる)

数々の講座を手がけるヒューマンアカデミー株式会社も、Webに特化したスクールを展開しています。全国に30校ある教室でのレッスンだけでなく、オンラインレッスンでも受講できます。

Webデザイン実践コースは、Illustrator、Photoshop、DreamweaverといったWebデザインの基本ツールの使い方、Webデザイン基礎、サンプルページ作成、HTML/CSSの書き方などを学べる総合型。プロのWebデザイナーを目指すのであれば、基礎コースよりも実践コースの方が、実務により役立つ内容です。

また、オンラインだけでなく、教室での受講であれば「速習Webデザイナー実践コース・クリエイター」や「Webプロフェッショナルコース」「プロになるためのWeb業界入門講座」など、さらにコースが豊富なので、比較検討してみるといいでしょう。

リナックスアカデミー

おすすめのコースの種類 HTML5マスターコース
JavaScriptプログラミングコース
プログラミング入門コース
授業料 プログラミング入門コース:60,000円など
期間 15時間

株式会社リカレントのITエンジニア専門のWebスクール。Webデザインのコースはありませんが「HTML5マスターコース」と「JavaScriptプログラミングコース」「プログラミング入門コース」があります。

どちらの言語もWebデザイナーが知っておくと有効なので、より深く学びたいのであれば。また、プログラミングの基礎知識を知っておくと、インターフェイスや動的なコンテンツ、スマホアプリのデザインにも活かせると思います。

ある程度、Webデザインを熟知していて、ディレクター職やプロデューサー職など、一歩踏み込みたい方のスキルアップにもおすすめ。

まとめ

最後に、このページで紹介したオンラインスクールをまとめます。

オンラインスクール 特徴
TechAcademy [テックアカデミー] 毎日のチャットサポートと週2回のマンツーマンメンタリング
CodeCamp 1回40分で7時〜23時40分まで受け放題(土日も可)
WebCamp 主婦・ママ限定のWebデザインコースあり
ヒューマンアカデミー オンラインだけでなく教室での受講が可能
リナックスアカデミー コーディング、プログラミング向けのスクール

総合的にバランスがとれているのは、TechAcademy [テックアカデミー]です。価格も手頃で、実際にオリジナルサイトを作成するところまでできるので、基本やWeb制作の流れは掴みやすいです。どこにするか迷ったならおすすめ。

CodeCampも価格の割には、内容が濃いです。また、受講できる時間の幅が広く、土日も可能なので、忙しい人は学びやすい環境にあります。

決め手にかけるなら、無料体験を受講したり、オンラインスクールの様子を動画で確認したり自分のスタイルに合っているのかを確認した方が安心です。

後は、価格、期間、受講できる時間、サポート内容で比較検討しましょう。学生であれば割引になるコースもありますよ。

Webデザイナーにおすすめの関連記事

 - Web・IT