おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

Iターン転職の100%成功ガイド!知っておきたいメリットとデメリット

Iターン成功
地元を離れ、縁もゆかりもない地方に移住して転職することを「Iターン転職」といいます。

就職・転職といえば上京がステータスというイメージがあるかもしれませんが、リストラや景気の影響で必ずしも大企業で働く事が、安泰だとはいえなくなっています。満員電車や渋滞など忙しない日々にストレスを感じる人も少なくありません。

そのため「好きな場所で好きな仕事をしたい」という働き方に目を向ける人が増え、地方での働き方に注目が集まっています。

また、政府が掲げる「地方創世」や人口減少に悩む地方自治体が、歓迎ムードであることも後押ししているでしょう。

このようにIターン転職は、現代の働き方の一つとして定着しつつあります。

しかし、勢いで動くと後悔するケースも少なくありません。地方=恵まれた環境ではない場合もあるからです。

人生において大きな転機になります。失敗しないためにも事前に情報集数しておきましょう。

このページでは、Iターン転職を100%成功させるために知っておきたいメリットやデメリット、Iターン転職におすすめの転職サイトを紹介します!

Iターン転職を選択する理由

主には、

・好きな仕事ができる
・地方活性化に貢献したい
・好きな場所で暮らせる
・田舎でスローライフをおくりたい
・子どもを自然の中でのびのび育てたい
・忙しない環境に疲れた(通勤電車、渋滞)
・住居費が安い

といった理由が上げられます。どれも、働き方やライフスタイルを重視した、人生を楽しむための選択だと思います。

私は、大学への進学をきっかけに地元を離れ、大阪で就職して暮らしています。都会は楽しいですが、結婚して、子どもが産まれるとお金や仕事の環境に頭を抱えることがよくあります。田舎の方が、のんびり暮らせるのではないか、という憧れはありますね。

ただし、好きな仕事をするために移住するのか、今の環境から逃げるように移住するのかでも、モチベーションも結果も違ってきます。

一人なの場合は、なんとでもなりますが、Iターンの場合は、家族も一緒にというパターンが多いので、考えて行動することが大切です。

Iターンで知っておきたいメリットとデメリット

ここからは、Iターン転職でポイントとなる「移住先」「仕事」「メンタル」についてのメリットとデメリットを見ていきましょう。

移住先の生活環境も考慮する

Uターンは、「地元に戻る」ことですが、Iターンの場合は「地方に行く」ということです。ここが大きな違い。

どこで働くかは、本人が決める事なんです。日本にある、どの市町村でもいいのです。そのため、移住先を決めることは最も重要なことです。

ここで、Iターンを考える人は、

・移住したいエリアがある
・移住はしたいが、どこにするかは決めていない(どこでもいい)

2パターンに分かれます。

移住したいエリアがある

一つは、「○○市という好きな場所に移住したい」という明確な理由がある場合です。

このような人は、移住先の情報をピンポイントで調べられるので、地方自治体や地域の情報サイトからできるだけ、情報を集めます。Iターンに積極的な制度があれば、どんどん活用しましょう。

しかし、魅力的なところだけを見ていると、落とし穴にはまるかもしれません。生活環境もしっかりとみておきます。例えば、住居、治安、交通手段、教育環境、医療、地方特有のルールやしきたりなど。

労働条件がよかったとしても、はじめての土地は人や街の性質が異なります。スローライフに憧れたつもりが、ご近所付き合いが多過ぎて自由時間がない!ということもありえますよ。

「観光」と「住む」のでは全く違います。

私も以前、京都に住んでいたことがあります。京都は、世界的に有名で憧れる人も多いですよね。しかし、「物価が高い」「夏は猛烈に暑くて、冬は猛烈に寒い(盆地のため)」などの理由で、私にとって、住みにくく、数年で大阪に移住しました。

求人も含めると、すべての条件を満たすのは難しいかもしれませんが、ポジティブな要素とネガティブな要素を書き出して、何を優先するかを考えてみてください。

移住はしたいが、どこにするかは決めていない

なんとなくIターンを考えている人です。「地方への移住」は、メディアでもよく取り上げられますし、興味を持つ人も多いでしょう。

そういう人は、すでにIターン転職を成功させている、先人達から情報を仕入れるのが健全です。

体当たり取材をしなくても、個人ブログや地域の情報サイト、移住支援団体などから簡単に情報を集められます。興味がある地域に旅行するのもいいでしょう。

もしくは、Iターンに力を入れている地方自治体のエリアを選びます。何もないよりは、支援や人脈がある方が、歓迎されるし、行動範囲も広がると思います。

例えば、住宅を建築する補助金が出たり、出産のお祝い金が出たり、転職者に奨励金が出たり、あの手この手で人口を増やす取り組みをしているので、のっからない手はありません。ニッポン移住・交流ナビ JOINでは、そういう情報がまとめられていて便利です。

「裸の大将」のように放浪するわけではないので、行き当たりばったりよりも情報を集めてから行動しましょう。

仕事とライフスタイルのバランス

地方は、求人が圧倒的に少ないです。ゼロではないのですが、選り好みできるほど多くはないということです。

というのも「農業がしたい」「もの作りがしたい」「地域おこしがしたい」など目的があるなら、夢に向かって挑戦できます。粘り強く活動するのもいいでしょう。地方に根付いた仕事なら、支援してくれるところもあります。

しかし、Iターン転職する人のほとんどは、普通にサラリーマンとして働きます。なぜなら、仕事よりも子どもの教育のためや地方は住居費が安いなど、ライフスタイルの改善が理由でIターンを選ぶからです。

そういう人は、転職サイトや転職エージェントを利用して、一般的な転職と同じように活動します。概ね、サラリーマンとして企業に勤めることになるでしょう。

結果的に、仕事内容、勤務体系(就業時間、残業)、年収、人間関係といったサラリーマン特有の問題がついて回ります。

また、現職をしながら地方で求人を探すとなると、面接へ行くための交通費や時間も考慮する必要があります。

そのため、転職サイトから多くの求人を集めたり、転職エージェントにアドバイスを求めたり、積極的に行動することは必須です。とはいえ、地方に強い転職サイトでなければ意味がありません。

そこで、ページの最後に、おすすめの転職サイトをまとめましたので、参考にしてみてください。

このように、地方に移住したからといって、好きな仕事を選べるわけではないので、ライフスタイルとのバランスが必要です。

もしくは、インターネットで仕事ができる時代なので、クラウドソーシングを利用したり、フリーランスを目指したり、独立するのも一つの方法です。

メンタルに気をつけてケアする

Iターンは全くなじみのない土地で暮らすこと。知り合いも友達もいないケースがほとんどでしょう。

積極的に交流し、新たな出会いをすぐに作れる人や、そもそも人付き合いをしたくない人は心配ないかもしれません。新しい環境は、希望に満ちているでしょう。

しかし、あなただけなら、いいのですが、家族で移住する場合は、ケアが必要です。「子どもはすぐに学校になじめるか」「妻は友達ができずに寂しい思いをしていないか」など、気にかけておきましょう。

それは、はじめての一人暮らしに似ています。上京してみたものの、いざ両親や地元の友だちと離れてみると、寂しくてたまらなくなり、Uターンするのはよくある話です。

それに、田舎の夜は暗いですよ。コンビニも遠く、ファミレスも遠いです。都会は、人や街の明かりで、夜も元気ですが、それに慣れてしまっていると不便に感じると思います。

ただ、地方は温かい人が多いです。困ったことがあると、助け合うこともできるでしょう。私の実家も、畑でとれた野菜をいただいたり、おすそわけしたりは、見慣れた光景でした。

もちろん、よそ者は歓迎しない村とかもあるので、土地柄については、下調べをしておいた方がいいですね。

Iターンにおすすめの転職サイト

Iターン転職には、求人や転職者の実例など、情報収集が不可欠です。そこで便利なのが、転職サイトです。

ここでは、Iターン転職に活用しやすい、おすすめの転職サイトを紹介します。全国的に求人を扱っているサイトでは、豊富に求人がありますし、転職エージェントでは、事例やノウハウを持っているので、相談しやすいですよ。

転職求人サイト

1位:はたらいく

人と仕事の出会いを応援する転職求人サイト。企業規模やキャリア転職にとらわれず、地域や働き方をピックアップした多種多様な求人が集まっています。そのため、Uターン・Iターンや女性の転職に強いです。「産休・育休取得実績あり」「子育てママ在籍中」といった働く女性目線での検索ができます。

転職エージェント

1位:リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。1977年の創業以来、30万人以上の転職成功実績、10万件越えの求人数があり、質、量ともに圧倒的な強さです。また、全国を網羅しているため、UターンやIターンでの転職にも期待大。転職を検討するなら登録必須です。

また、短期の契約にはなりますが、1年以上3年以下の期間、地方自治体で働ける「地域おこし協力隊」制度もいいでしょう。

公式サイトへ:あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?

他にも「Uターン・Iターンに強い転職サイトランキング」にランキング形式でまとめました。参考にしていただけましたら幸いです。

こんな記事もオススメです!

 - 転職活動