おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

Webデザイナーに将来性はあるの?職種がなくなるか心配

デザイン将来性
ブログやWebサービスによって誰でも簡単にかっこいいWebサイトが持てるようになりました。

そのため「Webデザインってもう需要がないんじゃないか。将来が心配」という不安もあるでしょう。

それに関しては、心配する必要はないと考えています。インターネットを人々が利用する以上、Webデザイナーという職種は、なくならないといえる理由があります。

Webサイトは見た目のデザインだけではない

Webサイトは、見るだけのものではないですよね。

商品を購入したり、文章を入力したり、写真を投稿したり。これからもサービスの幅は広がる一方でしょう。

そのため、一言でWebデザインといってもいろいろな視点が必要なんです。

いくつか例を上げてみましょう。

・押しやすいボタンの大きさは?
・購買意欲がそそられる色は?
・ブログを書きやすい管理画面のデザインは?
・ショッピングカートを利用しやすいインターフェイスは?
・写真が大きいとページの読み込み速度は遅くなるの?

このように、マーケティング視点、ユーザビリティ、機能的デザインなど、Web特有の専門性が求められます。

個人のブログならば趣味の範囲でも問題ありませんが、企業のWebサイトは、売り上げアップやブランディングのための重要なツールです。

Webデザイナーは、これからも必要とされる職種です。ただし、注意点もあります。

Webデザイナーとして生き残るために

Webサイトの場合、テンプレートに落とし込むだけで、それらしい形が出来上がります。

例えば、優れたWordPressのテンプレートであれば、色や写真を変えるだけで、見た目としても機能としても申し分ないものができます。

そのため、勉強すれば誰でもそれなりのデザインを組むことができます。

まるで妥協したように聞こえるかもしれませんが、案件の大小や予算の都合上、Webデザインに注力できない現実もあり、需要としても成り立っています(それで目的を達成できるかどうかは別問題)。

そうなると、極端な話、流れ作業になるためWebデザイナーの価値があやういですよね。

アルバイトやクラウドソーシング、海外に発注することで低コストで発注できるので、高い賃金で正社員を雇う必要もありません。

では、Webデザイナーは、どのようにすれば生き残れるのでしょうか。

答えは、人から必要とされるデザイナーになることです。

実績を残すと「○○さんにデザインをお願いしたい」と指名が入ることがあります。これは、大企業、中小企業問わずよくあることで、デザイナー冥利につきる瞬間でもあります。

自社の商品やブランドイメージを損なわないデザインの技術はもちろん、コミュニケーションの取り方や仕事の進め方において、企業としては優れたデザイナーと組みたいものです。

すなわち、Webデザイナーになったら終わりではなく、先を見据えて挑戦や努力する人ならば、生き残れます。

信頼を作るには実践で学ぶこと

独学と実践の大きな違いも「人」にあります。

一人での勉強はもちろん必要です。ただし、それだけでは人に関わるきっかけが乏しくなってしまいます。

Webデザイナーとして将来を見据えるのであれば、どこかの会社に入り、実践を通して学びましょう。そこで築いた信頼と実績は、あなたにとっての武器となります。

あなたが未経験やフリーターであったとしても、雇ってくれる会社はあります。

まずは転職エージェントに登録して、キャリアコンサルトに相談するのが一番の近道です。相談や求人を探すことは、無料でいくらでもできますので。行動することが大切です。

Webデザイナーに強いおすすめの転職サイトランキング

Webデザイナーに転職するには、転職サイトや、キャリアコンサルタントがサポートしてくれる転職エージントに登録するのが一般的です。

しましながら、転職エージェントだけでも1万社以上もあるといわれており、何を基準に選べばいいか分からないですよね。そこで、求人数、実績、サービス内容、評判などを総合的に判断して、Webデザイナーに強いおすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。

また、未経験でWebデザイナーを目指すなら「現役が教えます!未経験でもWebデザイナーになる方法」も合わせて参考にしてみてください。

1位:ワークポート

ワークポートは、IT・インターネット業界専門の人材紹介会社。12年間で1万人もの転職支援実績があります。業界に詳しい専門のコンサルタントは、その知識に加えスピード感があると評判。無料セミナーや転職に役立つ管理ツールも充実しています。IT業界を目指すなら、登録必須といえる転職エージェントです。Webデザイナーにおいては、クリエイター専用のページがあり、デザイナーからディレクターまで、細かく分類されていて、求人を探しやすいです。

2位:レバテックキャリア

IT・Web業界に特化した転職専門サービス。質の高いキャリアコンサルタントと転職先で活躍するエンジニアのネットワークが強み。顧客の目的を叶えるための徹底したサービスで、業界内でも評判がよく、快進撃を続けています。専門だからこそ、業界の傾向と実績を考慮して、Webデザイナーとしてのあなたのスキルを引き出してくれるでしょう。PhotoshopやIllustratorといったソフト別、プログラム言語別でも求人が分類されています。

3位:JAC Recruitment

1988年設立の老舗。東証一部に上場しており、売上規模ではリクルート、インテリジェンスに次いで、業界3位です。名実共に信頼できる人材紹介会社で、私も利用しました。外資系企業のため、海外転職に強いですが、IT・Web業界においては、大手メーカーのWeb担当者やWeb制作会社など、国内でも多くの求人を取り扱っています。親身になって、転職の悩みを聞いてくれたので、終始、好印象でした。

さらに詳しくは「Webデザイナーに強い転職エージェントランキング」もご覧ください。

Webデザイナーだけではなく、Web/IT業界全般の職種に関わる求人なら「IT・Web業界に強い転職エージェントランキング」も参考にしていただけます。

 - 転職活動