おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

フリーランスが「営業」をしなくても仕事がみつかる2つの方法

フリーランスの仕事
「フリーになったけど仕事がない!」

サラリーマンで培ってきた経験や技術を武器にフリーランスになったものの、仕事がとれずサラリーマンに逆戻りといったケースは少なくありません。

フリーランスは、時間が自由に使えたり、人間関係の悩みから解放されたりメリットが取り上げられがちですが、実際は営業活動や事務処理など会社や他の社員がやってくれていたことも一人で行う必要があります。

特に営業は、仕事を受注するためには不可欠。しかしながら、

・期待していた人脈がたたれた
・忙しくて営業活動ができない
・営業のスキルを持っていなかった
・営業が苦手

といった理由でうまくいかないこともあります。エンジニアやデザイナーであれば内勤が中心になり、制作技術は高くても営業スキルが身につけられなかったのは仕方がありません。

そんな人は、どうやって仕事をとればいいのでしょうか?

答えをいうと、もう営業しなくてもOKです。営業活動を支援してくれるサービスを利用した方が早いです。苦手なことは、他のサービスにまかせて実務に集中しましょう。

そんな営業を支援してくれる具体的な方法は、以下の2つのサービスを利用することです。

フリーランスのための求人紹介サービス

クラウドソーシング

フリーランスのための求人紹介サービスは、フリーランスに仕事を紹介してくれたり、アドバイスをくれたり、仕事探しが楽になるサービス。大手企業で働くことや100万円近い月収を手に入れることも可能ですよ。

クラウドソーシングは、サイトに公開されている「依頼」に対して仕事をしたり、プロフィールを登録しておくことで依頼者から仕事がきたりとあなたのスキルがいかせる仕事が見つかりやすいです。実績を積めば指名で仕事がくるようになり、クラウドソーシングからの受注だけで生活することもできます。

今回は、フリーランスのための求人紹介サービスとクラウドソーシングの利用方法やメリット、デメリットを紹介します。

エンジニアやデザイナー、イラストレーターなどIT/Web/ゲーム業界で働きたい人には、特に参考にしていただける内容になっています。

仕事を紹介してくれる!フリーの求人紹介サービスについて

フリーの求人紹介サービス

フリーランスの求人紹介サービスとは

簡単にいえば、フリーランスと企業の仲介をしてくれるサービスです。正社員ではなく、フリーの人材を採用したい企業からの求人を集め、その条件にマッチしたフリーランスに仕事を紹介してくれます。

これにより、フリーランスは営業活動をする必要がなく、大企業の仕事や専門性の高い仕事ができるようになります。

仕事が見つかるまでの流れは以下のようになります。

1.求人紹介サービスに登録

2.キャリアコンサルタントと面談

3.求人の紹介

4.面接

5.採用

6.仕事開始

流れとしては、一般的な転職サイトと変わりはありませんね。自力で営業をせずとも求人の紹介をしてくれるのはうれしいです。

利用中は、転職エージェントのように、キャリアコンサルタントがサポートしてくれるため、わからないことは随時、相談にのってくれますよ。

なお、求人紹介サービスは、企業からの紹介料で成り立っています。つまり、フリーランサー(あなた)が採用されることで、企業から紹介料(マージン)を受けとる仕組みです。企業側としては、採用活動の手間を求人紹介サービスにまかせられるため、紹介料を払ってでも利用するメリットが大きいんですよね。

そのため、フリーランサーの登録や利用は無料です。登録したら必ずどこかの企業と契約しなければならないわけではないため、気軽に登録して情報収集するだけでも価値があります。

次項からは、求人紹介サービスを利用することで、どのような価値があるのかをでみていきましょう。

メリット

キャリアコンサルタントの充実したサポート

登録するとキャリアコンサルタントがついてくれます。キャリアコンサルタントは、求人の紹介や相談、面接対策や日程調整などあらゆるサポートをしてくれます。

最初の面談であなたのスキルや希望条件を伝えておけば、あなたに変わって仕事を探してくれます。

フリーランス1年目でもベテランでも面倒で苦手な営業活動をキャリアコンサルタントにまかせられるメリットがあります。これが一番大きいですね。

また、採用されると「契約」という形になります。正社員ではないため、こればかりは仕方がありません。

そのため、条件がよく「この会社でもっと働きたい!」という想いができれば、できるだけ契約期間をのばして長く働ける方がいいですよね。

契約更新に関しても、キャリアコンサルタントが事前に確認してくれるので、契約延長につながったり、早めに別の仕事を探したり、仕事がない!という状態をできるだけ避けることができます。

つまり、採用された後も、フォローしてくれるのです。一人のフリーランスにとって、心強い味方になってくれることは間違いありません。

専門的なスキルでも理解してくれる

IT/Web/ゲーム業界の仕事はより専門性が求められますよね。そのため、普通の転職サイトでは、適切にあなたの能力を把握してくれない可能性があります。

例えば、以下のようなスキルや職種が思い浮かびます。

スキル:Java、PHP、Android、Objective-C(iOS)、HTML5/CSS3、Photoshop/Illustrator

仕事内容:システム、Webサイト、アプリ開発、ソーシャルゲーム

職種:システムエンジニア(SE)、プログラマ、プロジェクトマネージャー、ディレクター、デザイナー、イラストレーター

これはほんの一部で、スキルも職種ももっと多岐にわたりますよね。

その点も「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」の大手であれば安心です。

業界に精通した専門性の高いキャリアコンサルタントが在籍しているため、あなたのスキルを的確に把握し、マッチする求人を紹介してくれます。

レバテックフリーランスは、年間3,000回も開発現場とヒアリングを行っているそうですよ。

高い報酬での仕事が見つかる

業界に特化した求人紹介サービスは、大手企業の求人やここでしか手に入らない非公開求人も豊富です。自分の人脈では、なかなかたどり着けなかった仕事もあるでしょう。

そのため、報酬も高い傾向にあります。100万円近い月収も可能ですよ。サラリーマンより高い収入になることも十分にありえます。

また、キャリアコンサルタントに希望の報酬を相談しておけば、それに見合った求人や報酬交渉もあなたに代わって行ってくれます。お金の話が苦手なフリーランスでも実力に見合った報酬を手に入れることができますよ。

フリーランスを助けるサービス

会社に属していると税金関係や事務処理はすべて会社がやってくれますよね。それに社員旅行や割引サービスなど、福利厚生の特典もあります。ところが、フリーランスはすべてを一人でこなさなければなりません。

はじめてフリーランスとして活動する人であれば、実務以外のところで、わからないことが多くなります。

その辺りも、求人紹介サービスは便利。フリーランスのためのセミナーや税理士との相談、映画やレジャー施設が割引になる特典を提供してくれるところもあります。

フリーランスでありながら、サラリーマンのように「働きやすさ」を支援してくれるのはうれしいですよね。実務に集中しやすくなりますから。

デメリット

ライバルが多い

当然ながら、あなたの他にも登録者がいるため、簡単に仕事にありつけるわけではありません。面談や書類を作成し、ライバルに勝つ必要があります。一般的な転職と同じですね。

自由度は低い

常駐型フリーランスになるため、契約の元、働くことになります。好きなときに仕事をして、好きなときに休むといったコントロールがやりにくいです。

なので、できるだけ大手のしっかりとしたサービスを利用しましょう。面接対策や条件の交渉をしてもらいやすく、何より求人数が豊富です。条件に合った仕事がみつかりやすくなります。

次項では、それらの要件を満たしてくれる、おすすめの求人紹介サービスを紹介します。

おすすめの求人紹介サービス

レバテックフリーランスとギークスジョブが圧倒的におすすめ。求人紹介サービスの大手であり、実績が豊富で、キャリアコンサルタントのサービスもしっかりしています。

レバテックフリーランス

フリーランスのエンジニア・デザイナー向けに、仕事の紹介や情報を提供するサービス。IT業界に精通したコーディネーターが、フリーランスとしての仕事を全面的にサポートしてくれます。年間案件紹介数は、30,062件と実績も豊富。求人の80%が非公開求人です。過去最高160万円/月という高単価案件もあり。

こんな人におすすめ!

・フリーランスを目指す人
・エンジニア
・フリーランスとしての仕事がみつからない
・営業活動に時間がとれない
・正社員としての働き方に満足していない

ギークスジョブ

ITエンジニアやディレクター、デザイナーといった手に職を持つフリーランスに仕事を紹介しています。12年の実績と豊富な求人数が強み。また、フリーランスが仕事に就く課程では、専任の担当者が様々なサポートをしてくれます。

こんな人におすすめ!

・これからフリーランスとして働きたい
・すでにフリーランスで仕事を探している
・スキルを活かしたい
・年収アップを目指す
・サラリーマンはもう嫌だ

自由に働ける!クラウドソーシングについて

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは

企業や個人が、サイト上で様々な仕事を外注し、仕事をしたい人がそれを受注するサービス。

ホームページ制作やアプリ開発等のスキルを要する仕事からアンケートやデータ入力といった簡単な仕事まで様々。テレビや情報サイトなどのメディアで取り上げられることが多く、認知度が上がっているため、官公庁や大手企業の仕事も増えていますよ。

仕事はサイト上にどんどん入ってくるため、営業する必要がありません。好きな時間にチェックし、好きな仕事をこなすことができます。そのため、フリーランスや在宅勤務、副業でおこづかいを稼ぎたいにサラリーマンにも人気です。クラウドソーシングだけで数十万円を稼ぎ、生計を立てている人もいますよ。

仕事を受注するまでの流れは、大きく分けて2つあります。

※サイトによって異なりますが、一般的な例をあげます。

自分で仕事を探す「タスク」「プロジェクト」「コンペ」

サイト上に公開されている仕事の詳細を見て、こちらから応募する方法です。仕事の形態もいくつかあり、ここでは3つの形態を紹介します。

「タスク」は、アンケートやデータ入力など短時間でできる簡単な仕事が集まっています。ただし、報酬は低い傾向にあります。

「プロジェクト」は、依頼に対してどんなことができるのかを提案します。それを依頼者が了承すれば受注になります。ホームページ制作やシステム案件など、スキルを要する仕事が多くなります。

「コンペ」は、依頼者がロゴやキャラクターなどをコンペ形式でつのり、それに提案するという形態です。ただし、選ばれなかった場合、受注はできません。

仕事の依頼を受ける

マイページにプロフィールや作品を公開しておくと、それを見た依頼者から発注がくることがあります。これまでの実績や仕事の承認率も見られます。

あなたの仕事ぶりが評判になれば、数多くの依頼や条件のいい仕事が受注できるでしょう。

利用料

サイトに登録して、仕事を探すまでは無料です。ただし、受注した金額の約0%〜20%を手数料としてクラウドソーシング側に支払うというサービスが多いです。

なお、報酬は、数十円〜十万円を越えるものまで様々。タスクなどの簡単な仕事は数十円〜数百円、プロジェクトやコンペは、数千円〜数万円になります。

メリット

自由に仕事ができる

「好きな仕事」「できそうな仕事」を選んで、自由に仕事ができます。

本来の営業活動であれば「今日は仕事を受注できなかった」ということがありえますが、クラウドソーシングの場合は、サイト上に仕事がたくさんありますから「仕事がなくてつらい」ということがありません。

場所を選ばない

地方でも、交通の便が悪い田舎でも、ネット環境さえあれば仕事ができます。やりとりは、すべてサイト上で行うため、会って打ち合わせする必要がありません。交通費や時間の節約にもなりますね。

スキルがない仕事もできる

アンケートに答えたり、体験談をブログ記事にしたり、特別なスキルがなくてもできる仕事がたくさんあります。隙間時間にお金を稼ぐことができますよ。

なお、仕事はネットでできるような仕事がほとんど。例えば、以下のような仕事があります。

システム開発、ホームページ制作、Webデザイン、アプリ開発、デザイン、コピーライティング、ブログ記事作成、ネーミング募集、3D-CG制作、写真、動画、翻訳、アンケート、データ入力など。

専用のソフトがなくても、パソコンさえあれば、できる仕事もありますね。

デメリット

クライアントの素性が分からない

はじめて取引する場合、それがどんな人か分かりません。仕事の条件がよく受けたものの、やりとりの態度が横柄だったり、修正が多かったり、ひどい場合は報酬を支払わず音信不通になるようなひどい依頼者もいます。

それを防ぐために、クラウドソーシング側の利用規約やシステム面で工夫がされています。また、依頼者の過去の評価も参考になるでしょう。

人が合う合わないは、リアルな仕事と同じように見極める必要があります。

報酬が安い

クラウドソーシングを使う依頼者は、「安価で仕事を依頼できる」「全国のクリエイターから提案が集まる」などのメリットを感じています。

特に「安価で仕事を依頼できる」ということは、報酬の相場が安い可能性があることを頭に入れておきましょう。なぜなら、代理店やデザイン会社に発注するのと高くなる制作費を、個人やフリーランスに依頼することで、安価におさえたい気持ちがあるからです。

しかし、仕事を受注するかどうかは、あなた次第。できるだけ仕事内容(スケジュールや必要なスキル、難易度)を把握して、無理のない範囲で受注しましょう。

仕事内容を把握しずらい

基本的にはメッセージでのやりとりになるため、理解するのが難解だったり、ずれた提案をしてしまったり、スムーズに進まない場合もあります。参考例を出すなど、事前に要件を明確にして作業に取りかかる必要があります。

おすすめのクラウドソーシング

クラウドワークス

東証マザーズに上場している株式会社クラウドワークスが運営するサービス。日本最大級のクラウドソーシングで、会員数は80万人を突破しています。その実績と信頼性から大手企業からの依頼も多くあり、仕事の数も質にも期待できます。あなたに合った仕事が見つかりやすいでしょう。

ココナラ

知識・スキル・経験を500円から売り買いできるサービス。イラストの作成や集客の相談、占いなど専門的な仕事から、恋愛相談やおすすめのレストランの紹介など誰にでもできるような、幅広い仕事があるのが特長です。人気がでると数千円〜の仕事を受注できることも多くなります。

まとめ

フリーランスが営業をしなくても仕事を受注するには、求人紹介サービスとクラウドソーシングを利用するのが賢明です。

少なくとも「仕事が全くない!」という状況からは脱出できます。一人で仕事をすることに慣れる意味でも有効です。

最後に両者の特長を簡潔にまとめます。

▽求人紹介サービス
常駐型フリーランス。報酬が高い。大手企業で仕事ができる。サポートが充実。

▽クラウドソーシング
いつでも、どこでも自由に仕事ができる。報酬は低め。仕事内容が豊富。

両者ともメリットとデメリットがありますが、登録することに料金はかからないので、フリーランスは登録しておいて損はありません。まずは、情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。

 - 転職活動