おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

営業職からWebデザイナーに転職するために知っておきたいこと

営業でも可
私は、営業職からWebデザイナーになったという経緯があります。

社内での異動のため、転職とはケースが異なるかもしれませんが、全く知識がない状態で「Web制作のスキルを身につけておいた方がいい」という単純な動機で飛び込みました。

実際にWebデザイナーになってみて、頭を抱えることも多かったです。そこで、営業職からの転職で、事前に知っておいた方がよかったと思うことについて紹介します。

デザイン以外のこともやる

会社の体制にもよるのですが、小さな会社だとWebデザインだけでなく、Web制作に関わることを全てやることもあります。

私もデザインをやるつもりが、クライアントとのやりとり、ディレクション、サイト設計、デザイン、HTMLコーディングなど、あらゆることをやっていて、もはや肩書きが分かりません笑。

ただし、これは大きなメリットでもあるんです。

例えば、デザインをやる際、コーディングのことを知っておけば、ページ構成を立てやすくなります。ディレクションができれば、顧客やユーザーの要望を汲み取れるようになります。

何より、スタートからゴールまで、すべてのことができるようになるため、Webサイトを丸ごと制作できるようになります。

そのため、浅く広くでいいので、Webデザインだけに特化するのではなく、Webの知識は全般的に持っていた方が役立ちます。

リテラシーは高い方がいい

リテラシーとは、「情報を収集して、活用する能力」のことです。Web業界では、ITリテラシー、Webリテラシーと呼ばれることもあります。

Web業界は、動きが速いため吸収することも多いです。間違った情報を受け取ったり、著作違反してしまったりしないよう、収集した情報を有効活用する能力を鍛えておきましょう。

そのためには、検索エンジンやSNSで情報にふれておくことが重要です。

WebデザインはPhotoshopでやるのがおすすめ

一つだけ技術的なことでいうとWebデザインをするアプリケーションは、IllustratorよりもPhotoshopがおすすめです。

結局、Webデザインはコーディング&ブラウザで表示させる際に、画像データとして扱います。そのため、画像編集ソフトであるPhotoshopの方が都合がいいのです。

まれに、DTPデザイナーの方が、Illustratorでデザインデータをくれるのですが、書き出しが面倒だし、1ピクセルの線がぼやけたりするので、すごくつらいです笑。

なので、今からWebデザインを勉強するのであれば、Photoshopは使えるようにしておきましょう。

営業のスキルは役立つの?

役立ちます。営業に同行して打ち合わせすることもありますし、クライアントと直接やりとりすることもあります。制作スタッフというと社内でいるイメージがありますが、このように顧客対応することもあります。

また、ショッピングやオウンドメディアなど、Webサイトに求められることは大きくなっています。企画やマーケティング、集客など、営業で培ってきたノウハウが役立つこともあるでしょう。

最終的にはなんとかなります

Webのスキルを身につけるには、「実践」することは最も有効です。

私も技術的なところで、ついていけるかどうか不安がありました。しかし、仕事をこなす上で身についていくスキルの方が多かったです。本を読んでいても、実践で役立つとは限らないので。

また、そういう環境に身を置くことで、業界にも敏感になります。

少しでもIT・Web業界に興味があるのであれば、まずは飛び込んでみて、実践を経験しましょう。

デザイナーが思うようにいかなくても、ディレクターやプログラマーなど、Webに関係する職種は多いので、得意分野を見つけていくことも可能です。

もし、難しければ辞めればいいのです。なんとかなりますよ。

未経験でWebデザイナーを目指す人は「現役が教えます!未経験でもWebデザイナーになる方法」も参考にしてみてください。

 - 転職活動