おすすめの転職サイトを徹底比較!あなたに合った転職サイトが見つかります!

産休後にリーダーからのパワハラ!子どものために働き続けた結果


チームリーダーとしてバリバリ仕事をこなしていたNさん。しかし、出産をきっかけにリーダーの座を譲ります。そして産休を経て職場復帰を果たしたものの、そこで待っていたのは新しいリーダーからのパワハラでした。

■Nさん
転職先:専門性の高い業種
性別:女性
転職時期:30代半ば

「仕事ができない女は出産し続けていろ!」

私は以前の会社でパワハラを受けていました。今はこうして向かいあえていますが、客観的にみれるようになるまで、かなりの時間を要しました。

そんな経験から、今、パワハラで苦しんでいる方には「大丈夫、時間は優しい。顔を下に向けることなく、前を向き続けたら明日はある」と言いたいです。

私は専門性の高い業種で働いていました(具体的に明かせずすみません)。

私はチームのリーダーを務めていて、意見をぶつけ合うことはあっても、トラブルらしいトラブルはなく、うまくやっていたつもりです。

しかし、私が産休に入ることになり、上司から誰をリーダーにしたらいいかと言われたとき、”彼女”を推薦したのがトラブルのはじまりでした。

元々部下だった彼女と立場が逆転してしまったことがきかっけで、私はその彼女からパワハラを受けることになります。

産休があけて仕事に復帰すると、チームは何ともぎくしゃくした雰囲気になっていました。私と彼女の次くらいのポジションだった人は、他のチームに移っており、その人から色々あったと聞きました。

復帰後しばらくして、私に対しても彼女のパワハラ行為が始まりました。

たくさんの人がいる前で、大きな声で怒ってみたり、「仕事ができない女は出産し続けていろ!」などと罵声を浴びせてみたり、退社時間ぎりぎりになって社外に持ち出せない明日までの仕事を押し付けてきたり、大概のことはされました。

それでも、子どものために余裕ある経済状態を維持したいという一心で、共働きで働き続けたんです。

そんな状況の最中、帯状疱疹が発生。心も体も限界に迫っていて、それがきっかけで転職を意識しはじめたのです。

転職したことでパワハラも貴重な経験だったと言える自分に

転職を考えはじめた頃、お顔くらいは知っているという方から、お電話がありました。私が専門とすることを「新しい事業として立ち上げるプロジェクトがあるのだけれど、うちの会社に来ないか」というお話でした。

本来であれば、うれしいことかもしれません。しかし、当時の私は病んでいたのだと思います。どうしても腑に落ちない。この話が来た時、一番初めに思ったことは、彼女が手を回したかもしれないということでした。

しかし、何度もお話があり、今のまま会社に居続けても、私はいずれ壊れてしまうと思ったので転職を決意しました。

お話を受けると、先方から退職手続きにすぐに入らないで欲しいと言われました。それから、数回、紹介したい人がいるということで、新しい会社の上司になる方などとお食事をしました。おそらくこの食事会は、面接の意味合いがあったのだと思います。

それから、しばらくして、先方から「こちらはいつでも!」という連絡があり、退職手続きに入りました。

ちなみに、退職する時「どうすれば辞めずにすむのか」と上司に聞かれました。実は、その時、彼女のことが言及されました。しかし、私は「ありがとうございます」とだけ言い、私自身は誰の悪口も言いませんでした。私にとって、このことはちょっとした誇りです。

とはいえ、転職したのは30代半ばで、今、40代です。当時のことを冷静な気持ちで振り返ることができるようになるまで10年程かかりました。それくらい傷は深かったのです。

しかし、何はともあれ今は幸せです。パワハラを受けた会社でのキャリアがなければ、今の会社へ転職はありませんでした。パワハラを受けたことも事実だけれど、このこともまた一つの事実です。

パワハラと受け続けていると、自分がそれだけの価値しかない人間のように感じはじめます。

そんな時は、自分をしっかり持って、顔を上げましょう。無駄な経験など一つもありません。貴方の幸せを心よりお祈りしております。

まとめ

パワハラを受けながらも、家族や子どものために必死で働くことは立派です。

しかし、家族を幸せにしたいからこそ体が資本です。あなたが鬱病になったり体を壊したりすることが最も周りを悲しませることになりますよ。

同じ会社にしがみつかなくても、いざとなれば派遣社員やクラウドソーシングなどお金を稼ぐ方法はいくらでもありますし、あなたの能力を活かすことはできます。

現に、出産後も働きたい女性は、育児や家事の合間をみながら、クラウドワークスやココナラ
で仕事をしています。正社員に比べれば、少ないかもしれませんが、月に3万でも稼げたら家計にとっては大助かりでしょう。

会社に属さなくても、働ける環境は整いつつあります。一人で悩まずに新しい道で「楽しめること」考える方が幸せですよ。

転職エージェントなら、転職に関するアドバイスや職場の情報も教えてくれるので、よい環境の転職先をみつけやすくなりますよ。

リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。30万人以上の転職成功実績10万件越えの求人数があり、質、量ともに圧倒的。しかも全求人の90%が非公開求人です。上場企業、有名企業への転職を目指すならチェックしておきたいところ。「管理職や年収をアップさせたい」30代、「キャリアアップを目指したい」20代でも広い間口の中で求人を探せます。また、全国に17か所の拠点がありUターンやIターン転職、地方での転職にも有利です。

求人数 公開求人:約19,000件以上
非公開求人:約110,000件以上
エリア 全国
利用料 無料
登録者数 約34万人
運営会社 株式会社リクルートキャリア

どうしても決断できないならば、パワハラで悩む人のための相談窓口もあるので、利用してみてはいかがでしょうか。
参考:「パワハラされたらまず相談!あなたの力になってくれる人物や公的機関

また女性に強い転職サイトは以下ページにまとめました。

 - 転職体験談